いますぐ実践! Linuxシステム管理

[バックナンバーのトップへ] [Linux システム管理のトップへ]


いますぐ実践! Linux システム管理 / Vol.045 / 読者数:741名

こんばんは、うすだです。

先週、インフルエンザに負けないようにとか言いましたが、案の定と言いますか、 なんといいますか、きっちりかかってしまいました。

そんなわけで、週の後半を休み、ようやく回復の兆しが見えてきました。
みなさんも、もしかかってしまったら、きっちり療養してください。

さて、最近していなかった、メルマガのご紹介です。

FedoraCore4 の基本を10日間でマスター、という内容のメルマガです。
埃をかぶった(?) PC を探してきてインストールするところから始まりますので、 いっちょやってみようかっていう気になるのではないでしょうか。

全くのゼロからFedoraCore4を使ってlinux基本技術を学びます。
マシンの購入から、インストール方法と基本設定を全て。

全て筆者の体験談をお送りしています。
http://www.searchman.info/fedoracore4/

SELinux や yum など、旬な話題もきっちり入っています。

わたしも、FC4 を入れて放置している PC がありますので、 購読して実践してみようと思います。 もし失敗しても、失うものはなにもありません。
(それに、少なくとも経験値は上がります。)

で、サーチマン佐藤さんと言えば、以前に、Oracle のメルマガをご紹介しましたが、 いつの間にか、Java とか SE とかすごいことになってます。
全部列挙すると、大幅に紙面を喰ってしまいますので、代わりに、 以下をご覧ください。
そして、これっていうメルマガがあれば、是非購読してみましょう。
(なんたって無料ですし、気に入らなければ解除するだけです。)

サーチマンでは、IT技術、LINUX、ORACLE、Java、Perl を勉強できます。
http://www.searchman.info/

…しかし、ほんと、すごい量です。
そのパワーをオラに分けてくれ、と言いたいです。(-ε-;

それでは、まだもうろうとしていますが、 今週も、それなりにはりきってまいりましょう!

今週のお題 - ファイルのありかを早く探す

ドッグイヤーなんていう陳腐な表現を用いるまでもなく、 日々新たな技術が生まれては消えていく、目まぐるしい世の中です。
われわれ技術者は、それに取り残されないよう、できる限り新しいものを吸収し、 進化し続けていかなければならない、という思いを抱えながら、 日々を過ごしているのではないかと思います。

さて、最近のハードディスクはばかでかいですので、 たとえすべてのものを全部インストールしたとしても、痛くもかゆくもありません。

わたしも、全部は無理ですが、これはいいかもって思ったものは、 できる限りインストールして使ってみるようにしています。

そんな日々を過ごしていますと、ふと困るのが、設定ファイルなどの場所を、 うっかり忘れてしまうことです。
その都度 find で探せばいいのですが、find を実行したときの、 ディスクのごりごり音を聞くと、 ただでさえセンシティブなディスクを傷つけてるような錯覚に陥り、 心配になります。(はい、ただの貧乏症です。)

というわけで、今週は、 ファイルのありかを素早く見つける方法についてご紹介します。

大抵の Linux には、locate というコマンドが入っています。
これは、あらかじめ収集したファイル名のデータベースから、 パターンに合うファイル(パス)を出力してくれるコマンドです。

たとえば、smb.conf を見つけたいと思ったら、以下のように実行します。

  % locate smb.conf
  /etc/pam_smb.conf
  /etc/samba/smb.conf
  /usr/share/doc/samba-2.2.9.ja.1.0/examples/VFS/block/smb.conf
  ...後略...

未対応の locate もありますが、-r オプションで正規表現が使えます。
上記では、ドキュメント類がたくさん出てきてしまいますが、 正規表現を使えば、たとえば、/etc 以下にあるファイルだけに限定できます。
(-r なんて知らねーよ、と言われたら、正規表現は使えません。残念。)

  % locate -r '^/etc.*smb\.conf'
  /etc/pam_smb.conf
  /etc/samba/smb.conf

さて、情報元となるデータベースですが、たいていは、 以下のどちらかにあると思います。

  • /var/lib/slocate/slocate.db
  • /var/lib/locate/locate.db

FedoraCore や Vine, RedHat など RedHat 系では前者にあり、 Debian の場合は後者にありました。

これらは、updatedb コマンドによって、生成されます。
通常は、cron によって、毎日(あるいは毎週)実行されています。
定期的に updatedb が実行されず、データベースが古いままになっていると、 locate の実行時に、以下のようなワーニングが出力されます。

  % locate hogehoge
  warning: locate: warning: database /var/lib/slocate/slocate.db' \
  is more than 8 days old
  ...

これが気になる方は、/etc/crontab に登録されている、 /etc/cron.daily の実行時間を見直してみましょう。

逆に、locate なんて使わないとおっしゃる方は、 cron から updatedb を実行されないようにした方が、 負荷が減って幸せになれると思います。
/etc/cron.daily にある slocate.cron か find から updatedb が呼ばれますので、 このファイルを別のディレクトリに移動すれば、実行されなくなります。

というわけで、locate についてご説明しました。
ファイルを見失ったら、是非 locate を使ってみてください。

宿題の答え

先週の宿題は、

  WWW サーバに IP アドレスを2つ設定し、どちらかしか WWW を受け付け
  ないようにしてみましょう

でした。

Apache には、Listen というディレクティブがあります。
Listen で、待ち受けるアドレスとポート番号を指定することができます。
特に触っていなければ、

  Listen 80

となっていると思います。
たとえば、eth0 に、192.168.1.10 と 192.168.1.11 を割り当てているとしたら、 どちらのアドレスも待ち受けていますので、

  http://192.168.1.10/
  http://192.168.1.11/

のどちらも接続できるはずです。
これを、192.168.1.10 だけにしたければ、

  Listen 192.168.1.10:80

と変更してみましょう。
(apachectl configtest と apachectl reload をお忘れなく。)

うまくいけば、

  http://192.168.1.11/

にアクセスすると、エラーになります。

今週の宿題

今週の宿題は、

  /etc の下にあり、httpd という文字列を含むファイルを、探してみま
  しょう

です。

ファイル名の部分に、httpd という文字列を含むファイルを、探したいと思います。 たとえば、以下のようなファイルです。

  /etc/httpd
  /etc/httpd/conf/httpd.conf

以下のようなファイルは、出力結果に現れないようにしましょう。

  /etc/httpd/conf/magic
  /etc/httpd/conf.d/README

あとがき

わたしが学生のころから、そこそこお世話になっている(なっていた)月刊雑誌が、 相次いで休刊、あるいは季刊化されてしまいます。

UNIX MAGAZINE (季刊化)
http://www.ascii.co.jp/books/magazines/unix.html

C MAGAZINE (3月号で休刊)
http://www.cmagazine.jp/

ユニマガと言えば、80年代〜90年代に、ワークステーションを使っているひとは、 みんなが読んでいたと言っても過言ではないくらい、メジャーな雑誌でした。
とか言って、わたしもここ数年は全然読んでないのですが…。
しかし、もしユニマガがなければ、今の自分はなかったかもしれない、 と言えるほど、重要な雑誌でした。
それが季刊化されて、縮小されていくのは、残念です。

そういえば、前の会社にいる頃、わたししか読んでいないにも関わらず、 会社で購読させてもらっていた、共立出版の bit が休刊になったとき、 すごいショックだったことを思い出しました。(TεT)
(他にも、WIRED 日本語版、Transtech などがありました…。)

ようこそ bit ワールドへ (2001年4月号を最後に休刊)
http://www.kyoritsu-pub.co.jp/bit/bit.html

こうして、硬派な雑誌がつぎつぎと消えていくのは、さみしいですね。
最新の言語やサービスの使い方を知るのも大事ですが、 根っこのところをしっかりおさえておくことも大事ではないかと思います。
(根っこの技術は、数十年たっても役に立ちます。た、たぶん。)

いや、実は、わたしが知らないだけで、 新たな硬派雑誌(?)がちゃんと出ているのかもしれませんね…。
これはいいっす、という雑誌がありましたら、是非ご教示ください。

今週も、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
それでは、また来週に、お会いしましょう!

「いますぐ実践! Linux システム管理」の解除は、以下からどうぞ。
http://www.usupi.org/sysad/ (まぐまぐ ID:149633)

バックナンバーは、こちらにほぼ全部そろっています。
http://www.usupi.org/sysad/backno.html

「栗日記」−体調が悪くても、栗の絵は毎日描いています。
http://www.usupi.org/kuri/ (まぐまぐ ID:126454)


[バックナンバーのトップへ] [Linux システム管理のトップへ]

トップ

バックナンバー
    [日付順] [目的別]

プロフィール

▼ リンク

独学Linux
Linuxデスクトップ環境に関する情報が満載です。 メルマガもありますよ。
Server World
CentOS 6をサーバとしたときの設定例が、これでもかというくらいたくさん載っています。 CentOS以外のディストリビューション(Fedora, Ubuntu)も充実しています。
LINUXで自宅サーバーを構築・導入(Fedora9)
Fedora9のインストールの仕方から管理方法まで、詳しく載っています。 SearchManには情報がもりだくさんです。
マロンくん.NET
〜サーバ管理者への道〜
Linuxをサーバとして使用するための、いろいろな設定方法が載っています。 マロンくんもかわいいです。 なんといっても、マロンくんという名前がいいですね!!
日経Linux
今や数少なくなってしまったLinuxの雑誌。ニュースやガイドもあります。
Linux Square − @IT
@ITが提供する、Linux の情報が満載。 載っていない設定方法はないんじゃないでしょうか。
gihyo.jp…技術評論社
Linuxに限らず様々な技術情報が満載のサイト。 SoftwareDesign誌も、 ソフトウェア技術者は必見です。
SourceForge.JP Magazine
Linux に限らず、オープンソース関連の記事が網羅されています。
ITmediaエンタープライズ:Linux Tips 一覧
Tips というより FAQ 集でしょうか。わからないことがあれば覗きましょう。
IBM developerWorks : Linux
開発者向けですが、勉強になりますよ。
Yahoo!ニュース - Linux
Yahoo!のLinuxに関するニュース一覧です。
栗日記
システム管理とかと全然関係ありませんが、毎日栗の絵を描いています。
システム管理につかれちゃったとき、癒されたいときに、ご覧ください。:-)
WEB RANKING - PC関連
ランキングに参加してみました。押してやってください。

▼ 作ってみました

Add to Google

▼ せんでん




▼ 最近読んだ本

▼ 気に入ってる本