いますぐ実践! Linuxシステム管理

[バックナンバーのトップへ] [Linux システム管理のトップへ]


いますぐ実践! Linux システム管理 / Vol.044 / 読者数:707名

こんばんは、うすだです。

インフルエンザがはやっていますね。
うちの子も、土曜日に突如インフルエンザになり、 あわてて近所の小児科へ連れていきました。

すでに午後の2時を過ぎていたのですが、 待合室はインフルエンザと思われる子どもとその親で、ごったがえしていました。
ここに1時間もいれば、だれでもインフルエンザになれるぜっていう感じでした。 ナウシカに出てくる腐海のようでした。(TV でやってましたね。)

しかし、この時期にインフルエンザになんぞ、なっていられませんので、 家の中でもマスクをして、ときどきうがいをしたり、熱いお茶を飲んだりして、 できる限りの予防策を行っています。

みなさんも、インフルエンザには、十分ご注意ください。
もしもうなってしまっているなら、観念して、療養してください。

それでは、インフルエンザに負けず、今週も、はりきってまいりましょう!

今週のお題 - 複数台のサーバに見せかける

小規模なところや SOHO している方のところでは、 1台のサーバですべてをやらせるという構成が、一般的ではないかと思います。

しかしながら、組織の規模が大きくなってきて、 1台ではまかないきれなくなってきたり、信頼性の問題などを考慮したときに、 新たにサーバを追加して分散させてあげる必要があります。

しかし、サーバを増やして、サービスを分散させる度に、クライアントの設定や、 DHCP サーバの設定を変更しないといけません。
ユーザが多いと、なにかと面倒くさいですよね。

じゃあ、1台しかないうちから、複数サーバがいるように見せかけることができれば、 サーバが増えても設定を変える必要がなくなりますよね。

というわけで、今週は、1台のサーバで、サーバが複数いるように見せかける方法を、 ご紹介したいと思います。

といっても、ようは、1つのネットワーク・インターフェースに、 複数の IP アドレスを割り当てるだけです。

通常、IP アドレスの設定は、ifconfig コマンドで行います。
たとえば、eth0 に 192.168.1.10 を設定するには、以下を実行します。

  # ifconfig eth0 192.168.1.10

これに、別の IP アドレスを追加するには、 仮想的なインターフェース名を使用します。
具体的には、インターフェース名(上記では eth0)に、 : と数字を付加した名前を使用します。(数字は、通常 0 からの連番を使用します。)

たとえば、先ほどの eth0 に、192.168.1.11 を追加設定するには、 以下のように実行します。

  # ifconfig eth0:0 192.168.1.11

これで、192.168.1.11 でも、受け答えしてくれるようになります。
疑い深い方は、ping などでご確認ください。

  % ping 192.168.1.10
  % ping 192.168.1.11

ちなみに、上記では、同じネットワーク上の IP アドレスを設定しましたが、 全く別のネットワークのアドレスを設定することも可能です。

さて、これで、IP アドレスを複数設定できたわけですが、再起動などする度に、 ifconfig を手動で実行するのは面倒です。
せっかくですので、再起動後も設定が行われるようにしてみましょう。

まず、RedHat, Vine, Fedora などの場合は、 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:0 という名前のファイルを新たに作成します。 内容は、以下のようにしておきます。
(すでにある ifcfg-eth0 をコピーして編集すると、間違いが少なくて済むと思います。)

  DEVICE=eth0:0
  BOOTPROTO=static
  BROADCAST=192.168.1.255
  IPADDR=192.168.1.11
  NETMASK=255.255.255.0
  NETWORK=192.168.1.0
  ONBOOT=yes

Debian などの場合は、/etc/network/interfaces に以下を追加します。
(万が一のために、もとの interfaces は別名で保存しておきましょう。)

  auto eth0:0
  iface eth0:0 inet static
	address 192.168.1.11
	netmask 255.255.255.0
	network 192.168.1.0
	broadcast 192.168.1.255

できましたら、実際に、再起動などして確認してください。

以上、サーバを複数台に見せかける方法を、ご紹介しました。
ドメイン名で分けておけばいいのでは、 というつっこみがかすかに聞こえなくもないですが、 DNS を引いてくれないネットワーク機器などに対しても有効ではないかということで、 ご容赦いただきたいと思います。

宿題の答え

先週の宿題は、

  メーリングリストのメンバーを、WWW で参照できるようにしましょう

でした。

ここでは、 /var/spool/ml にある testml というメーリングリストの参照を考えてみます。

お手軽なのは、Alias を用いる方法です。
たとえば、httpd.conf に以下を追加します。

  Alias /ml/  /var/spool/ml/

そして、apachectl configtest と apachectl restart を実行しますと、

  http://サーバ/ml/testml

で参照できるようになります。

または、CGI を使って、もうちょっと見栄えをよくすることもできます。
わざわざここに掲載するほどでもないですので、興味のある方は、以下をご覧ください。

testml の登録メールアドレス一覧を返すCGI
http://www.usupi.org/sysad/044-1_pl.txt

こちらは、/var/spool/ml 以下を全部公開するのではなく、 testml だけを見えるようにしています。 つまり、公開してもよいメーリングリストだけに限定することができます。

状況にもよりますが、どちらの場合も、 せめて Basic 認証くらいはつけた方がよいのではないかと思います。

今週の宿題

今週の宿題は、

  WWW サーバに IP アドレスを2つ設定し、どちらかしか WWW を受け付け
  ないようにしてみましょう

です。

せっかくサーバが複数いるように見せかけているのに、 どちらも同じ WWW のサービスを提供していると、疑われてしまいます(?)。
Apache の設定により、 どちらか宛のアクセスしか受け付けないようにすることができます。
簡単ですので、調べてやってみましょう。

あとがき

うちはマンションなのですが、マンション全体で、1本の光ファイバを共有して、 インターネットに接続しています。
全部で20戸ほどですし、全員が使っているとも思えないので、 それほどに酷使はしていないと思うのですが、夜の11〜12時くらいになると、 極端なくらい速度が落ちます。

そんな状況を、どうも他の方々も不満に思われていたようで、 プロバイダを変えようという話が出てきました。

速度面で妥協はしたくないけど、価格はなるべく据え置きで、 使ってない人は契約しなくていいようにしたい(いまは20戸全部が強制的に契約)、 ということで、候補のプロバイダはほぼ絞られてきました。

それはいいのですが、ふと疑問に思うのは、価格です。
サービス内容はどこも似たりよったりな気がしますが、価格にそれなりの差を感じます。メジャーなプロバイダほど高いような気がします。
おそらく、バックボーンと安定性みたいなものかなと思ってますが、 実際それをはっきりとうたっているところは、あまりないように思います。

バックボーンがこんなに太いんですとか、これだけ多重化してますよとか、 具体的に示して欲しいなーと思うのは、わたしだけでしょうか。
そのあたりをはっきりしてくれると、 決め手(というか言い訳)になるのではないかと思うのですが… いろんな意味で難しいのでしょうね。

…そんなせこいことを言っておきながら、マンションは、 ぽんっとローンで買ってしまうのですから、とやかく言えませんよね。
(勢いとタイミングで買ってしまった、と言っても過言ではないです。)

ま、マンションの総会は3月ですので、みんなの意見がまとまって、 春のうちに切り替わるといいなあと思いながら、 相変わらずの仕事に追われる日々を過ごしております。

今週も、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
それでは、また来週に、お会いしましょう!

「いますぐ実践! Linux システム管理」の解除は、以下からどうぞ。
http://www.usupi.org/sysad/ (まぐまぐ ID:149633)

バックナンバーは、こちらにほぼ全部そろっています。
http://www.usupi.org/sysad/backno.html

「栗日記」−1500枚を突破! 栗の絵を、毎日懲りずに描いています。
http://www.usupi.org/kuri/ (まぐまぐ ID:126454)


[バックナンバーのトップへ] [Linux システム管理のトップへ]

トップ

バックナンバー
    [日付順] [目的別]

プロフィール

▼ リンク

独学Linux
Linuxデスクトップ環境に関する情報が満載です。 メルマガもありますよ。
Server World
CentOS 6をサーバとしたときの設定例が、これでもかというくらいたくさん載っています。 CentOS以外のディストリビューション(Fedora, Ubuntu)も充実しています。
LINUXで自宅サーバーを構築・導入(Fedora9)
Fedora9のインストールの仕方から管理方法まで、詳しく載っています。 SearchManには情報がもりだくさんです。
マロンくん.NET
〜サーバ管理者への道〜
Linuxをサーバとして使用するための、いろいろな設定方法が載っています。 マロンくんもかわいいです。 なんといっても、マロンくんという名前がいいですね!!
日経Linux
今や数少なくなってしまったLinuxの雑誌。ニュースやガイドもあります。
Linux Square − @IT
@ITが提供する、Linux の情報が満載。 載っていない設定方法はないんじゃないでしょうか。
gihyo.jp…技術評論社
Linuxに限らず様々な技術情報が満載のサイト。 SoftwareDesign誌も、 ソフトウェア技術者は必見です。
SourceForge.JP Magazine
Linux に限らず、オープンソース関連の記事が網羅されています。
ITmediaエンタープライズ:Linux Tips 一覧
Tips というより FAQ 集でしょうか。わからないことがあれば覗きましょう。
IBM developerWorks : Linux
開発者向けですが、勉強になりますよ。
Yahoo!ニュース - Linux
Yahoo!のLinuxに関するニュース一覧です。
栗日記
システム管理とかと全然関係ありませんが、毎日栗の絵を描いています。
システム管理につかれちゃったとき、癒されたいときに、ご覧ください。:-)
WEB RANKING - PC関連
ランキングに参加してみました。押してやってください。

▼ 作ってみました

Add to Google

▼ せんでん




▼ 最近読んだ本

▼ 気に入ってる本